日本語による一貫教育

幼児部年中組(LI校)から高等部2年生まで、文部科学省の学習指導要領に準拠した日本語による授業を行なっております。最大25名までのクラス編成で、児童生徒ひとりひとりに対して丁寧に接する教育を心がけています。

日本の文化を大切に

日本語での学習に加え、日本の文化を身をもって体感できるのも補習授業校の魅力です。新年には餅つき大会や書初め、春先には雛祭り、端午の節句や七夕等、季節感に溢れた日本文化を体感できる機会を多々設けています。

日本語と関わるということ

補習授業校では、幼児部から美しい日本語との触れ合いを大切にしています。書初め授業、硬筆コンテスト、年末のスピーチ大会(LI校)等、体験を通して学びます。話す・聞く・書く・読む・伝えることを実践し、日本の公立小中学校にすんなり入れる学力をめざします。高等部は日本社会でも十分に通用するだけの言語力を習得できるよう指導します。

日本の運動会をニューヨークで

LI(エルアイ)校では初夏に、W(ウエストチェスター)校では秋に開催される運動会は、在校生にとって最も楽しみな行事。徒競走、玉入れ、幼児部のダンス、初等部から高等部までが一丸となったリレーまで、日本式の運動会を保護者の皆様とともに全校で盛り上げます。

仲間と過ごす場所

教室での学習以外にも、補習授業校の魅力は一杯です。W校で開催される蚤の市、LI(エルアイ)校で実施される秋祭り、カフェテリアを使用したカレーライス調理実習等、学校の仲間と数々の大切な思い出作りの機会に溢れた1年を過ごします。
世界に羽ばたくグローバルな人材を、ニューヨークから。

当校は、世界に180余りある補習授業校の中で、2番目に設立された、歴史のある学校であり、幼児部・初等部・中等部、高等部を併設した一貫教育を推進しています。

日本の学習指導要領に準拠した本校独自の基底カリキュラムにより、日本語による学習指導を行っており、日本国政府(外務省、文科省)から、校長・教頭派遣など物心両面の指導援助を受けております。

適正規模の学級編成による学習指導ならびに学校行事、生徒会活動(特別活動)を通して、日本文化を体得することにも力を入れております。

日本語による教育、日本文化への触れ合いを通じて、バイリンガル、バイカルチャルとして、バランス感覚に優れた、21世紀を担うグローバルな人材の育成を目指しています。
入学・転入手続きに必要な情報を掲載しています。
沿革、組織、所在地をはじめとしたニューヨーク補習校に関する基本情報を掲載しています。
校則や年間予定表等、学校生活に関するより詳細な情報を掲載しています。
Powered by Tempera & WordPress.