中嶋 大騎

氏名:中嶋 大騎(なかじま だいき)

1. 通った補習校&時期

NJ州H校(1986年~89年)

2. 補習校時代から現在までの簡単なプロフィール

補習校を出てから、中学、高校と現地(Demarest, NJ)の学校へ通ってました。まったく平凡な学生時代を送り続けてましたが、高校卒業以降、大学(Penn State University)を訳ありで中退し、いろいろな産業で働き始めました。バイリンガルであることを活かしつづけ、日経企業で働きながら日本語のレベルをあげる事を目標とし、ひたすら独自で勉強しました。現時点では日本貿易振興機構(JETRO)で対日投資部、アメリカの企業を日本に誘致させるプロジェクト、に係わっており、主に、環境、ICT市場の担当をしております。さらに個別でベンチャー企業(rokuku.com)のパートナーとしてコンサル事業も行っております。

3. 補習校に通ったことが現在のプラスになっていると思う事、思う時

補習校に通って記憶は今でも少し残ってます。25年以上前と考えるとゾっとしますね。もっとも、補習校で日本語を話せる時間があったのが今でも大きなプラスになってたと思います。たったの3年間でしたがその期間で日本語を学べた事が現時点の道なりに繋いでいると信じてます。中学と高校はほとんど英語を話しており、まったく日本語を使う機会がなかったので、補習校で学んだ基礎があったからこそ日本語の読み書きが今でも出来ることが可能だったのではと思ってます。後は、日本に帰国してしまった友達と未だに連絡を取り合い、ネットワークを広げられるのが大きなプラスですね。

4. 現在補習校に通う在校生、保護者、先生へのコメント

現代、または今後の未来に向けて(Internationalization)と言う言葉は非常に大切だと思います。今後の生徒達が高校、大学、そしてビジネスマンとして世間に足を踏みいれた瞬間、世の中はマルチリンガルな世界になっているのではないかと思います。生徒達にもグローバルなメンタリティーを持ってほしいですね。

コメントは受け付けていません。