生徒傷害保険について

【生徒傷害保険について】2012

POLICY NO. SRG – 9021931

  1. 保険会社: American Home Assurance Company
  2. 仲介業者: Marsh USA, Inc. 1166 Avenue of theAmerica, NY 10036, 212-345-6000
  3. 更新年月日: 各年4月6日
  4. 被保険者: ニューヨーク日本人教育審議会運営の補習授業校の授業或いは行事に参加する児童・生徒、教員、政府派遣教員、補佐及び父母役員。
  5. 補償対象の場所: 学校主催による授業及び行事が実施される所定場所。登下校途上。集団旅行途上。
  6. 補償対象原因:
    1. 直接的事故による身体の損傷及び死亡。
    2. 怪我が原因での疾病による損傷及び死亡。
  7. 補償対象外原因:
    1. 本人の故意による怪我、自殺又は自殺未遂。
    2. 怪我が原因でない感染症。
    3. (戦争、戦争行為又は入隊中に受けた怪我。
    4. 飛行機の操縦・操縦練習又は搭乗員として勤務遂行中に受けた怪我。
    5. 歯の治療。(但し、事故により欠損した自然歯の治療は除く)
    6. 眼鏡の取替え、視力矯正又は眼鏡の度合わせが目的の検眼。(事故が原因の視力悪化は除く)
    7. 労災保険又は類似の保険で補償される怪我。
    8. アルコール又は薬物の影響下にある場合。(医師が投薬した場合は除く)
  8. 補償限度額:
    1. 死亡。(事故が原因で、事故日から90日以内の死亡): $5,000.00
    2. 事故による肢体損失: $7,500.00
    3. 事故による医療費:$10,000.00
  9. 業務能力損失補償: 無し。
  10. 補償請求の方法: 本人(保護者)記入・署名した所定のClaimフォーム、医者の治療内容書及び治療費支払領収書を事務所に提出。(申請する場合は先ず補習校事務所に連絡をする。)
  11. 補償金支払: 必要書類受領後、保険会社が直接本人に支払う。
  12. 身体検査及び検死: 保険会社は自社負担で怪我人の検査及び、事故死の場合、検死(解剖)を行 う権利がある。

この生徒傷害保険は、先ず保護者の保険を使用していただき、それで補償しきれない部分について適用する「第二保険」です。

コメントは受け付けていません。