児童生徒の安全確保について

【児童生徒の安全確保について】

児童・生徒の安全確保のために、下記の点についてご協力ください。

  • 年度途中に補習授業校にお子さんを転入園・転入学させた場合、保護者は必ず担任とクラス委員に連絡をとってください(新しく4月より入園・入学された場合は連絡の必要はありません)。また、お子さんには自宅の住所・電話番号・緊急連絡先等をメモしたものを持たせるなどして、安全確保のための方策を講じてください。
  • 学校がある時間帯は、ご家族のどなたかと必ず携帯電話等で連絡が取れるようにしてください。外出される場合は、お子さんに連絡先をあらかじめ伝えるなどして、所在がわかるようにしてください。緊急時には、事前に提出していただく、緊急連絡カード(イエローカード)をもとに保護者の方に連絡を取らせていただく場合がございます。
  •  早退にあたっては、必ず玄関の「早退記録」に学級・氏名・署名等を記入の上、下校するようにしてください。
  •  下校時にお子さんを迎えに来られる時刻が遅くならないようにご配慮ください。
  • 保護者の代理の方が迎えに来られる場合は、そのことが明確にわかるように担任の先生にお話しください。
  • 補習授業校では、けがや病気に対しての薬等(アレルギーへの対応を含みます)は与えることができません。学校生活時間帯にどうしても服用の必要がある場合は、事前に学校側に相談してください。

◇ スクールバスを利用する場合( LI校のみ、2系統の運行になります。 )

  1. バスは利用者により自主運営されております。
  2. バスの中では立ったり騒いだりすることのないように、規則正しい利用の仕方をご家庭でも指導してください。
  3. 友だちの家に寄る等の理由で、別の路線のバスに乗ることは禁止されていますので、ご確認ください。
  4. 降雪等の荒天時には、運行時間が大幅に遅れることもあります。バスマザーの方と連絡をとってください。

担任の先生は授業中、校舎内での責任はもっておりますが、授業終了後各教室にてピックアップされてからの責任は保護者の方々ということになりますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。

その他、校内安全・緊急時の対応等につきましては、地区校ごとに詳細が異なります。入園・入学時、またはそれ以降の授業日に配布される別途文書で確認してください。

コメントは受け付けていません。